FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう春か…

お久しぶりです。ようやく年度末・年度始めの多忙時期も落ち着いてきました。飲み会続きだった週末も、あと二回の歓迎会を終えれば終了です。肝臓もしばらく休ませねば…(^_^;)

唐突に書く気力を失って放置してから、あっという間に数ヵ月が経ってしまいました。不思議なもので、定期的にブログを更新している時は、源泉の如く書きたい事が沸き上がって来るのですが、一旦距離を置くと急激に枯れていく…

さて、今年の冬は山間部の積雪量に限って言えば例年の三倍。しかし、平野部に至っては例年の半分、完全に暖冬でした。通常より一ヶ月も早く雪が消えて地面が露出したため、畑の雪下野菜たちの多くが腐ってしまいました。特に越冬野菜のネギやタマネギは酷いことに…

そのぶん春の訪れは例年よりも早く、フキノトウの天婦羅などは早々に頂くことができました。もう少しすれば、コゴメやワラビやコシアブラといった、春の山菜たちも旬を迎えるでしょう。新芽が芽吹き、ヒバリの鳴く山野を歩き回って山菜採りをする春の季節が、一年で一番大好きです。私が大好物のアケビの新芽も食べられますしね(^-^)

去年からアパートの表札を消したのですが、その影響か去年も今年も記念式の勧誘が来ませんでした。招待ビラも入ってきません。既に引っ越したと思われたのでしょうか(笑)

12年前に引っ越したばかりの頃は、毎日のように地元会衆の長老たちが家の呼び鈴を鳴らし、実家の会衆の兄弟たちからも毎日のように電話やメールがあり、インターホンの電池を抜き、携帯の電源を切って生活する日々でした。その当時に比べたら嘘みたいに平和です。



ところで・・・。




長期に休んでいる間も皆さんのブログを読み、アメブロにおけるJW系サイトの役割について色々と考えたことがあるので、ちょっとそれについて自分の思うことを書いてみます。

一昔前の個人サイトは、管理人のスタンスやホームページの目的が明白で、テーマ別やJWの立場別に掲示板が設けられ、そこに集う人も雰囲気もホームページ毎に全く異なる世界がありました。管理人の存在も大きく、掲示板の管理から相談事までマメな運営が求められました。

一方、アメブロは個人個人が自分の主義主張を日記形式のブログで公開し、それを読んだ人が反応する形で成り立っています。テーマも大雑把に「JW関係」って感じで、古参のブロガーさんも新規のブロガーさんも入り乱れています。

私は過去に何度か、「JW系サイトで言いたいことを言って心の膿を吐き出し尽くしたら、徐々に離れて卒業していくのが理想」みたいなことを書いたかと思います。その考えは今でも変わりません。

しかし、新規の方が次々とやって来るアメブロの場合、古参の方が次々と引退されてしまう現状も「寂しいな」と思うのです。長くJW系サイトにいた人にとっては聞き飽きた話、堂々巡りのマンネリ話であっても、新規の人にとっては新鮮で目の醒めるような情報であり、自分を基準にJW系サイトの在り方を考えたらいけないなと。

今はJW.orgで王国宣教や最新ニュースまで読める時代であり、現役さんのサイトを覗かなければJWの最新情報が解らないと言う時代ではなくなりました。むしろ反JW系サイトの方が情報早いくらいですし。

JW系のアメブロを勝手に分類して特徴を説明すると、覚醒現役さんの書いておられるブログはフレッシュなJW情報から、身の回りのJWを見て感じたことを素直に呟くブログが多く、特に覚醒途上の現役さんには大きな助けになるでしょう。

離れた直後~数年の方のブログは、心の膿出し、そして組織を出て迷走する自分を必死で制御し、なんとか社会復帰を目指そうと奮闘する形のブログが多いですね。感情的な言葉で組織を罵倒したり、JWへの激しい怒りや憎しみの感情を爆発させるのもこの時期です。

いわゆる「自分探し」をしたり、JWについての感情を冷静に分析したり、社会に馴染むべく奮闘するのもこの時期。JWから出て一番自由を満喫できている時期でもあります。このようなブログは、JWを出て進むべき道を探している方、JWについての感情を整理できていない方の役に立つでしょう。

最後に長年JW系サイトに留まって来られた方のブログ。この方々のブログは専門的な分野に特化したものが多く、例えば最新のJW情報を分析したものから海外JWの最新情報まで、メディア的な役割を果たしているサイトが数多くあります。

また、心の病を抱える元JWたちの相談に親身になって乗ったり、JWを出て自由で幸せに生きている日々を綴っておられたり、オフ会を企画して新たな人間関係を構築する場を提供したり、色々なことにチャレンジしている方々がいます。私のようにテーマ不明で雑然としたブログもありますが(^_^;)

簡単に言えばJW系サイトは温泉みたいなものであり、場所によって効能も景色も違います。傷や病を癒す湯治目的のサイトもあれば、のんびり疲れを癒すに最適な絶景露天風呂のようなサイトもあります。温泉の好みや効能が千差万別のように、JW系サイトも個人の考え方や生い立ちによって合う合わないがあります。

傷だらけの人が強酸性や塩水温泉に浸かれば痛みで絶叫するでしょうし、のんびり疲れを取りたい人に高温の温泉も向かないでしょう。体を暖めたい人が冷鉱泉なんて入らないでしょうし、サッパリと汗を流したい人が砂湯に入ることも無いでしょう。

JW系サイトも色々なサイトを覗き、興味を惹かれたり居心地の良いサイトに留まって益を受ければ良い訳です。逆に不快になったり批判したくなるようなサイトであれば、そこは貴方の心に合わない場所であり、そこに留まり続けることは害となります。それによって抱いた怒りや批判の感情を、長期に渡って持ち続ける事は自分の心も蝕むのです。

JW系のサイトであれ非JW系の一般サイトであれ、TwitterであれFacebookであれ、トラブルの有無は大差ありません。ネットが匿名の世界である以上、いつも身近にトラブルがある事も覚えておかなければいけません。フルオープンでブログを公開している以上、ブログに好意的な人も批判的な人も読むのです。それだけに、ネット上でもオフ会でも個人情報だけは慎重に扱って欲しいと思います。

オフ会についても、普段接点の無い人と人とを結ぶ出会いの場がオフ会であり、JW系のオフ会であればJWと言う共通の土台があるので、誰とでも時間を掛けずに仲良くなれます。しかし、参加する人によって求めているものが必ずしも同じとは言えませんし、全員が善良な人だと断言することもできません。だからこそ、慎重さと人を見る目を養って欲しいと思います。

しかし、包丁を殺人に使う人がいるからと、包丁を危険視して調理に使わない人はいません。火傷するからと火を使った調理や暖房まで危険視する人もいません。大切なのはリスクを回避しながら上手に使うことであり、それによって人も恩恵を受けているのです。JW系サイトもオフ会もまた同じです。

なんだか偉そうに書き連ねてしまいましたが、このアメブロには効能も集う人も違うブログ温泉が無数にあります。その中から、自分の心に馴染む温泉を見付けて癒しとされて下さい。なお、私の温泉が酒風呂なのは言うまでもないでしょう。アルコール度数が高めなので火器厳禁、効能は「酔う」の一言です(笑)

ブログについては今後も不定期更新となります。日常的なことや農業日誌などの比率を高め、JW系の話題については、研究記事や考察記事を気まぐれ更新していこうと考えております。最新のJW情報も、他のブロガーさんの方が詳細でしっかり書かれていると思うので、そちらをご覧になって下さい。

ブログを休止してる間、多くの方からご心配やお気遣いを頂き、この場を借りて感謝申し上げます。

新潟は今が桜の見頃です。
未だに白いものも残っておりますが…


花より団子…素敵な言葉だ(笑)
バイクで来たので、花見酒をできないのが残念無念。

スポンサーサイト

コメント

1. 無題

お久しぶりです。くまさんの立ち位置やスタンスはバランスが取れていて、すごく居心地の良さを感じています。
自分とは違うスタンスでも排除せずに受け止める心の広さが滲み出ているのではないかなと推察してます。
自分も今年は記念式の招待がきませんでした。自然消滅は今の所、想定したとおりに物事が運んでいます。最初に抱いていた激しい怒りの気持ちも今はすっかり薄れ、元JWOBとして、彼らの主義は尊重し、これからもよい関係を築いていけたらなと思っています。自分の中でもいろいろな心の変化があったので、まさにその時自分が必要とする温泉を見つけて、癒されてほしいなと思います。

2. お久しぶりです

越後のくまさん、こんにちは。いつもくまさんのブログを楽しみにしていたので、またブログを再開されるとのことで大変嬉しいです。

JW系サイトやオフ会に関するくまさんの深い考察、とても考えさせられます。
私はJW系のブログを見始めてから1年数か月が経ちますが、今ではくまさんのおっしゃっていることの意味がよく分かります。

でも、JW系のサイトをきっかけに、くまさんを始め、多くの素晴らしい方々と出会うことができました。これまでいただいた多くの方々とのご縁、ご親切に深く感謝しております。

これからもくまさんのブログを楽しみにしています。

3. 嬉しいです(o^^o)

今日、くまさんの記事を見つけてワクワクしながら読ませてもらいました。

アメブロのJW系サイト、私は読ませて頂いてばかりですが、本当に温泉みたいです(o^^o)
1年と数ヶ月、温泉に浸かり続けたお陰で心身共に健康になれました(^-^)

私も色々なサイトを覗き、自分が興味を惹いた居心地の良いサイトに留まって、いっぱい益を受けてきました。
くまさんのおっしゃる通りです。

久々に、くまさん温泉宿の くまの湯♨️
あ~~^_^♪ 良いお湯でした。
ありがとうございました(^O^)/

4. 無題

お久しぶりです。
年度末、年度初め、お忙しくお過ごしなのだろうなぁと思っていました。
お疲れ様です。
そして、その間にも、コメントくださいまして、ありがとうございました。

くまさんのブログに、そして以前に書かれていたサイトからも、色々学ばせていただき感謝しています。
いつもあたたかく、そしてバランスの取れた考え方や深い考察をされているなぁと思います。
しかし、ブログは暫く書かないと本当に一気に書く気を無くしますね(^_^;)
私もぼちぼちマイペースに色々考えて歩んでいきたいと思います。

肝臓も休めつつ、春を楽しんでください。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

5. Re:無題

>ハグレメタルさん
お久しぶりです。
そしてコメントありがとうございます。

私もハグレメタルさんのスタンスは好きですよ。今の私に合った温泉であり、癒しを感じる居心地の良さを感じます。好奇心故に色々なブログを巡りますが、自然と自分の心の状態に合った場所に落ち着くから不思議なものです。

JW組織に対する気持ち、現役親への気持ち、聖書に対する考え方、神や宗教への想い…未だに年月が経つたび変化しております。あ、JWに戻るつもりが微塵も無いのは不変ですけどね(^_^;)

そんな気持ちの変化を綴っていければ、JWを出た男がどんな生き方をしているか、元JWとしての自分にどう向き合っているか、そんなことを私のブログから感じて貰えればと思います。たぶん…感じられるはず(笑)

6. Re:お久しぶりです

>川島真彩(まあや)さん
お久しぶりですね。
そしてコメントありがとうございます。

ブログは個性の塊であり、本来はそうあるべきものです。何かに萎縮したり、遠慮して書くようなブログは病人みたいなものです。ただ、ネットにもルールがあり、読む人にも傷付いたり怒ったりする心があります。その辺のバランスを取りながら書くと言うのは難しいことですが、面倒なら限定記事にしちゃえば済む話ですね(^_^;)

ブログを書いたり読んだりすることで、傷付いた心を癒すことができますし、その繋がりで真の友を見付けることもできます。懐かしい友人と再会できたりもします。そんな恩恵を受けられるか否かは、自分がどのようにブログを扱うか次第です。ネットは薬にもなれば毒にもなるのです。

川島さんのブログも癒しと優しさに満ちたものです。心の疲れを取るような、入るとホッコリできる癒し系の温泉です。それは川島さんの宝であり、大切にすべき個性です。これからも素敵なブログを更新し続けて下さい(^-^)

7. Re:嬉しいです(o^^o)

>ナンテコッタさん
お久しぶりです。
コメントありがとうございます(^-^)

熊の湯温泉の主でありながら、唐突に挨拶もなく温泉を放置した無礼者なので、もっとブログの反応も少ないと思っていたのですが、予想以上に反応があって「あれ?(^_^;)」って感じです。今後は、山奥でひっそりと開いている秘湯の宿を目指します(笑)

私もJWを辞めた直後は傷だらけであり、刺激の強い温泉を求めて傷を癒して来ました。今ではすっかり傷も癒え、同じ湯に浸かる仲間たちと雑談するのが本当に楽しいです。同じ故郷の友人とも再会できましたし、住む場所は離れていても大切にしたい友人たちもできました。どれも自ら温泉に出向かなければ得られなかった宝です。

たまに湯の花で滑って怪我もしますし、傷ついて温泉に入れないこともありますが、あの場所で知り合った常連さんたちとの縁は大切にしていきたいです。これからも宜しくお願い致します(^-^)

8. Re:無題

>るかさん
お久しぶりです。
そしてコメントありがとうございます。
冬眠中も何度かコメントさせて頂き感謝です。

るかさんのブログは、医療現場で働く方の生の声が聞ける興味深いものですし、覚醒しつつも簡単には抜けられないJW問題の難しさも良く出ています。それでも感情的にならず、朗らかで癒し系のブログでいられるのは、るかさんの人柄故だと思います。

確実に一歩ずつJW問題を整理し、家族とも話し合って解決していく姿は、多くの覚醒現役さんにとって励みとなるはずです。るかさんも仕事や家事で忙しいと思いますが、こらからも癒しの湯として営業を続けて行って欲しいと思います(^-^)

長らく放置していたブログでありながら、優しい言葉を掛けて頂きありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。